税理士になるための費用はどれくらい?

税理士資格の取得にかかる費用は?気になる疑問を細かく解説!

学生と社会人が税理士になるための学費は?

税理士の試験が非常に難しいことは、どなたもご存じのことと思います。独学で資格を取得することは不可能と言われている税理士の資格ですが、いったいどれくらいの学費が必要でしょうか?

試験科目は5科目もあり、5科目すべてに合格しなければ、税理士にはなれません。さらに、合格率はその年により異なりますが、ほぼ毎年、10パーセント前後を推移しているかなり難易度の高い資格になります。

そのうえ、うまくいって5科目すべて合格したとして、そこからさらに2年間税理士としての実績を積んで、やっと税理士会に登録できるという、実際にその職に就くまでに、かなり時間がかかる資格になります。
では税理士の仕事内容は、どのようなものになるのでしょうか?
次に詳しく見ていきましょう。

「税務書類の作成」。一番身近な例を挙げると、確定申告書の作成がそれに当たります。あとはよく市役所で無料で行なわれている「税務相談」も、税理士の独占業務に当たります。

あと、独占業務ではありませんが、企業の経営サポートも行なっています。また、税理士は、税理士事務所で勤めることも、企業に勤務することも、独立して税理士事務所を立ち上げることもできます。

いずれにせよ、税理士資格を取得するまでは大変ですが、取得してからは、さまざまな活躍のフィールドが用意されている資格と言えるでしょう。
ではつぎに、本題の「税理士になるためにはいくら学費が掛かるのか」を丁寧にご紹介します。

税理士になるための費用はどれくらいかかるの?

学生時代から将来、税理士になることを決めている場合、税理士を目指して進学すると思いますが、学費はいくらかかるのでしょうか? また、社会人の中でも、正社員として一定期間以上働いている方で、税理士を目指して通学する場合、他の社会人に比べて学費が安くなることがあります。 ここではそれぞれの学費をご紹介します。

非正規社員や無職の方が税理士を目指したときの学費は?

非正規社員や無職者が税理士を目指した場合、正社員のように学費の一部還付を受けることができるのでしょうか? 結論から言うと「条件次第」というあいまいな回答になってしまいます。 そこでここでは、学費の一部還付対象者について簡単に説明後、非対象者の学費を抑える方法をご紹介します。

税理士の給付金制度は通信講座もある?税理士は登録料が必要?

雇用保険を1年以上掛けている方の場合、教育訓練給付金制度の対象講座であれば、一部学費が返ってくることはお伝えしましたが、通学講座以外でもそのような講座はあるのでしょうか? また、税理士試験に合格しても、さらにお金が必要だと言われていますが、何が必要なのでしょうか?ここではそれらについて、ご紹介します。