税理士資格の取得にかかる費用は?気になる疑問を細かく解説!

税理士の給付金制度は通信講座もある?税理士は登録料が必要?

正社員だと給付金を利用すれば通信もお得!

教育訓練給付金制度を利用すれば、学費の20パーセント、最大10万円が還付されることはお伝えした通りですが、この制度は通信講座でも適用されるのでしょうか。

と言うのも、ご存じの方がいらっしゃるかも知れませんが、税理士の資格取得講座は、DVDとして手元に残るとは言え、通信講座でも、通学講座とあまり変わらない、つまり安くはない学費のものが多いからです。

まず、給付金に関して、結論から言えば、給付金制度対象の通信講座はあります。ただこちらも通学の講座と同様に、学校によって学費が異なるのはもちろん、コースも非常に多いので、学費の幅は大きいです。

よって、しっかり調べたうえで、講座の申し込みをするようにしましょう。教育訓練給付金制度対象の税理士資格取得のための通信講座は、およそ10万~45万円です。

学費で終わりじゃない!税理士登録料も?

正規として働くためにはいくつかの義務があります。最初は関連団体へ申請し、名簿に登録してもらうことです。まず、その登録時に、「登録料5万円」と「登録免許税11万円」の費用がかかります。

しかも、登録の際には、研修を受けなければならず、そのときの「研修費とテキスト代は自己負担」です。でも、これで終わりではありません。税理士名簿に登録するために、「登録申請書など必要な書類を税理士会へ提出」しなければなりません。

そして、この書類の提出先である「税理士会への入会は必須」です。ということは、ここでもまた、税理士会への「入会料4万円」が必要になります。しかも税理士会の場合、更に「年間費10万円」も支払わなければなりません。

ということは、毎年10万円を払い続ける必要があります。ちなみにこの税理士会は複数あるので、その金額は各会により、若干異なりますが、大体どこの税理士会でもこれくらいの費用になるそうです。


この記事をシェアする